AutoCAD/AutoCAD LT オートキャド ベクターワークス VectorWorks など安い価格で販売挑戦中
AutoCADなど様々なCADソフトを価格比較をした上で安く販売しております。

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ

掲載実績


 ネットショップ&アフィリ
(2007年1月15日発売)


 ネットショップ&アフィリ
(2006年2月1日発売)

VectorWorks > Vectorworks Fundamentals 2018 スタンドアロン版(見積書発行で安く)無償バージョンアップ権利付き

AutoCAD/AutoCAD LTなどCADソフトを特売で安売り販売セール   

他店より高い場合はお問い合わせください。

商品詳細

Vectorworks Fundamentals 2018 スタンドアロン版(見積書発行で安く)無償バージョンアップ権利付き



商品番号 18011501
商品名 Vectorworks Fundamentals 2018 スタンドアロン版(見積書発行で安く)無償バージョンアップ権利付き
定価 305,000円
販売価格 271,080円
税別価格 251,000円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 普通

数量:

Vectorworks Fundamentals 2018 スタンドアロン基本パッケージ
(ベクターワークスファンダメンタルズ 2018) 


Vectorworks Service Select無償バンドルキャンペーン

キャンペーン開始日:2018年11月8日(木)
キャンペーン申込期限:2019年1月31日(木)

キャンペーン期間中に対象製品のご購入、新規IDにてユーザ登録およびキャンペーン申込を完了いただいたユーザ様に年間契約型サービス「Vectorworks Service Select(以下、Service Select) 2019年1月1日〜12月31日の1年間の契約」を無償でご提供させていただきます。

■キャンペンーン詳細

スタンドアロン版

2018年11月8日 (木)〜2019年1月17日(木)の期間中、ご購入ならびに新規IDにてユーザ登録をいただいたVectorworks 2018シリーズの新規ライセンス、且つ、Service Select の契約申込書が2019年1月31日(木)までに弊社カスタマーサービスデスクに到着していることが条件となります。申込期限を過ぎますとキャンペーン対象外となります。

キャンペーン詳細はメーカーホームページをご参照ください。

Vectorworks Fundamentals 2018

「Vectorworks Fundamentals 2018」は、高度な2D/3D汎用作図機能に、3Dモデリング機能、プレゼンテーションボード作成機能や図形と連動する表計算、データベース機能など、設計業務に必要な使いやすい作図機能を数多く搭載したベーシック製品です。

さらに、年間契約型プレミアムサービス「Vectorworks Service Select」の提供サービスと連動しているため、同サービスを契約するとクラウド上でレンダリングできるなどの契約者専用サービスを利用できます。



製品概要

使いやすい2D/3D汎用作図機能+幅広い互換性

「Vectorworks Fundamentals」には、使いやすい2D作図ツールや3Dモデリングツールが多数搭載されているほか、図形と連動する表計算/データベース機能や多彩なファイル互換を実現しています。さらに、テクスチャマッピングや高品位レンダリング機能を搭載しています。

デザインワークを支えるテクノロジー

Vectorworks 2018は、快適な作図/モデリング、デザインオペレーション、3Dビジュアライズ制作を実現するため64bitアプリケーションプログラムを採用しています。
作図エンジンには、高精度が要求される製造系CAD/CAMの多くで使用されている「Parasolidモデリングカーネル」を採用。描画エンジンには、アニメーションエフェクトや高速なズームイン/ズームアウト、パンなどを実現する「Vectorworks Graphics Module(VGM)」を採用しています。さらに3Dレンダリングエンジンには、高速で高品位な「Cinema 4Dフィジカルレンダリングエンジン(CineRenderR18)」を採用しています。

新機能ピックアップ

以下は、Vectorworks Fundamentals 2018に搭載されている新機能の一部です。

●PDF(2D)取り出しへの対応。

これまでデザインシリーズでしか利用できなかったPDF(2D)取り出しが、バージョン2018では、Fundamentalsでも取り出せるようになりました。デザインレイヤやクラスをPDFレイヤとして取り出せたり、図面内のイメージを解像度を指定して出力できるなど、より幅広いコラボレーションを実現します。
※PDF取り込み、3D-PDF取り出しへの対応はデザインシリーズのみ。

●3Dパノラマビューで、インタラクティブ体験を。

Vectorworks2018では、Webビューより、さらにリアリティのあるRenderworksレンダリングをパノラマビューで取り出しできるようになりました。Webビューとは異なり、空間内を移動することはできませんが、CineRenderを使った美しいレンダリング空間をインターネットブラウザ、またはスマートデバイスを通して360度見渡し、リアルなインタラクティブ体験が可能です。

●マルチビューで、デザインもマルチに。

ズームインとズームアウトの図面を同時に見ながら進めたい。3Dモデルを正面、側面、斜めの状態を同時に見ながら進めたいなどのニーズに対応するために「マルチビューウインドウ」を搭載。ビューはいくつでも分割が可能で、1つのビューで行った作業は他のビューにも同時に反映されるため、複数のビューをまたいでデザインワークを進められます。

推奨動作環境

Vectorworks 2018を快適にご使用いただくための推奨動作環境をご案内いたします。お使いのパソコンが以下の条件を満たしているかご確認ください。条件を満たしていない場合、Vectorworks 2018が正常に起動しない場合があります。Vectorworks 2018を快適にご使用いただくために条件を満たしたパソコンでご使用になることを強くお薦めします。

スタンドアロン版

  Windows Mac
OS

Windows 10(64bit)
Windows 8/8.1(64bit)
Windows 7 (SP1/64bit)

  • 32bit OSには対応しておりません。

macOS 10.12 (Sierra)
Mac OS X 10.11 (El Capitan)
Mac OS X 10.10 (Yosemite)

CPU Intel Core i5 (または同等のAMD製CPU)
クロック周波数 2GHz以上
メモリ

推奨8〜16GB以上(最小4GB)
大きなファイルや複雑なレンダリングには16〜32GBを推奨

  • CPU内蔵グラフィックスの場合、VRAMをメインメモリから取得します。VRAMの使用分を考慮してメモリを搭載してください。
画面解像度

推奨1920 x 1080以上 (最小1440 x 900)
4Kディスプレイ対応

推奨1920 x 1080以上 (最小1440 x 900)
Retinaディスプレイ対応

グラフィックス

以下の条件を満たすグラフィックスコントローラが必要

  • OpenGL 2.1互換グラフィックスコントローラ
  • VRAM(ビデオメモリ)推奨2〜4GB(最小1GB)

グラフィックスボード、または単体グラフィックスを推奨。
マルチビューのすべてのウィンドウを異なる表示設定で使用するには、少なくとも2GBのVRAMを搭載したグラフィックスボードが必要です。
大きなファイルの場合は3GB以上のVRAMを推奨します。

  • CPU内蔵グラフィックスの場合、Iris、Iris Proを推奨。Intel HD Graphicsでは正常に動作しない場合があります。
  • Iris、Iris Proでのご使用についてをご確認ください。
  • 詳細は各パソコンメーカー、販売店等へお問い合わせください。
  • ドライバは最新にアップデートしてご使用ください。
  • NVIDIA NVSシリーズは、動作対象外です。
インストール可能台数

本製品版は、1ライセンスで1ユーザが使用している2台のパソコンにインストールできます。ただし同時起動はできません。

その他
  • ハードディスク空容量:30GB(オプションライブラリ22GBを含む)
  • フラッシュストレージ(SSD)にVectorworksをインストールすることで動作速度が向上します。
  • インストール、アクティベーションのためのインターネット接続環境(必須)
  • PDF閲覧のためのPDF閲覧ソフト
  • ヘルプ閲覧のためのブラウザ
  • クロスプラットフォームライセンスです。Windows、Macのどちらかでご使用いただけます。
  • ご使用にあたり製品のユーザ登録が必須です。
  • 日本語OS環境でご利用ください。


Vectorworks詳細説明
 VectorWorksメーカーホームページを見る

 問い合わせ